肌に負担をかけないクレンジングと化粧水ケア

肌は加齢と共に衰えて行くものである意味生き物として仕方のないことではありますが、毎日のスキンケア次第では衰えるスピードを落としてハリのある肌を維持することは可能です。
そのためにはメイクを落とす際に使うクレンジングやその後の化粧水でのケアの仕方を工夫することが大切です。
まずはメイク自体とても肌に負担をかけるものであるため、寝る前にしっかりと落とす必要があります。
よくクレンジングの注意書きの中に手を水に濡らさないよう書かれていますが、絶対に濡らしてはいけないというわけではありません。

むしろメイクを落とすためにはクレンジングに水を入れ混ぜるタイミングというものがあります。
クレンジングは油分で出来ており、水とは混ざらない性質を持っています。
そのためもしメイクを落とす際に顔に馴染ませたクレンジングを洗い流す時、クレンジングとメイク汚れがきれいに落ちないということになり、肌を傷める原因になってしまいます。
このような事態を避けるために、顔に馴染ませた後に手に残ったクレンジングに水を少量混ぜて乳化させ、メイク落としを良くすることで肌への負担を減らすことが出来ます。
またゴシゴシ擦るのではなく優しく撫でるように馴染ませましょう。そしてメイクを落とし終えた後は化粧水での保湿ケアが重要です。
アフターケアをせずに放置すると水分が失われ乾燥が進み、カサつきや毛穴の開きなどを酷くしてしまいます。

化粧水でのケアはコットンで叩かないよう優しく押さえるようにパッティングします。
目元や口元、Tゾーンなどは乾燥しやすく肌トラブルを起こしやすい部分なので、コットンを薄く剥がして化粧水を含ませパックのように貼り付けてしばらく時間を置くとより保湿力が高まります。
せっかくケアをしていてもそれが肌への負担になってしまっては意味がありません。
正しいケア方法を知っていつまでも年齢に負けない若くて瑞々しい肌を保てるようにしましょう。

正しいスキンケアが数年後の肌を変える

女性ならば、数年後にもきれいな肌でいたいものです。
しかしどの様なケアをすれば良いか分からないという人もいるでしょう。
乾燥肌の人はシワになりやすく、そのままにしておくと敏感肌に移行してしまう恐れがあります。

乾燥肌対策は、クレンジングと化粧水の商品選びが大変重要になってきます。
何故なら添加物の多く入っているスキンケア商品を使用していると、肌への刺激になるからです。
特にアルコールが入っている物は注意が必要です。

クレンジングでは、石油系界面活性剤を使用している商品は、大変洗浄力が強く皮脂を洗い流してしまいます。
石油系界面活性剤は台所用洗剤にも配合されています。
食器を洗う時に手がかさつくのでゴム手袋をしている人もいるでしょう。この様な成分で顔を洗っている事になります。
これにプラスして力を入れて洗っていては、肌を守っているバリア機能まで破壊してしまいます。
なのでクレンジングは、石油系界面活性剤を使用していない天然成分で作られた商品を選ぶ事が大切です。
そしてクレンジングも化粧水も無添加の物を選びましょう。

また肌は摩擦に弱いので、力を入れずに優しく洗う事が重要です。
先に汚れの溜まりやすいTゾーンから洗いましょう。特に目元と口元は皮膚が薄い部分なので力をいれない様に気をつけましょう。
クレンジングがなじんだら水を加えて乳化させる事で水で落としやすくなります。

化粧水をつける時も摩擦をかけてはいけません。
叩かないで優しく押さえるように付けるか、コットンに化粧水を染み込ませてパックすると効果的です。
この方法なら肌を擦る事なく、化粧水を肌の奥まで浸透させる事が出来るのでお勧めです。
正しいスキンケアをして、数年先もキレイな肌を目指しましょう。